メニュー

相続放棄

最愛の家族が突然亡くなり、悲しみに暮れる暇もなく襲ってくるのは「法」で縛られた悲しい現実かもしれません。

まさか、うちの人にこのような借金があったとは…
まさか、うちの人が保証人になっていたとは…

相続人は、法律上プラスの財産だけでなく、マイナスの財産、つまり借金も相続します。これは、相続人の意思にかかわらず、法的に当然に相続されます。したがって、被相続人が借金や保証債務等を抱えて死亡した場合は、相続人は、原則として法定相続分に応じて、それら借金等の支払義務を負うことになります。

しかし、被相続人にめぼしい財産がなく、借金だけを抱えて亡くなられた場合、相続人は相続放棄をして、はじめから相続人とならなかった状態にすることができます(民法939条)。

相続放棄は、時間との闘いと言われています。亡くなってから3か月以内に申立てをしないといけないからです。ただし、相続人が、被相続人に負債があることを知らなかった場合は、請求書が届くなどして負債の存在を知った時から3か月以内に申立てをすることになります。

顔も分からない父親の借金について

  • 幼い頃に両親が離婚して母親に育てられ、それ以来、父親とは音信不通の状態にあります。最近、突然、父名義の借金の請求が私あてに届きました。通知をよく見ると父が亡くなり、その借金を私に払え、というもののようです。事実上、親子関係がない父親の借金を、父が亡くなると私が返済しないといけないのでしょうか…

回答

いくら、長年会うこともなく、事実上、親子の関係ではない場合でも、法律上は親子であり、相続人は相続分に応じた返済義務があります。例えば、相続人が子供2人の場合は、各2分の1づつ、あなた1人が相続人の場合、借金の全額を支払う義務があります。

したがって、このまま何もしないと、あなたが父親の借金を抱えてしまう状態になります。このケースでは、請求書が届き、お父さんに借金があったことを知った時から3か月以内に、お父さんが亡くなった時の住所地の管轄裁判所に、相続放棄の申立てをすることになります。

まずは、父親が亡くなった事実や他の相続人の存在など、戸籍の調査から始めることになります。

※これは、父親に不動産等財産がない場合のケースです。 


相続放棄と遺産分割協議は違う

父親が最近亡くなりました。父は生前、事業を営んでいて、長男である兄が事業を引き継いでいます。他の相続人は、長女の私だけです。

先日、兄に頼まれて、遺産分割協議書に署名・捺印しました。協議書の内容は、兄が自宅や事業に関する資産の全て及び事業資金として父が借りた銀行融資の全てを相続する、という内容のものです。私は、借金も兄が相続するのであればいいだろうと思い、協議書の内容に同意し、署名・押印し、自宅や事業に関する不動産は全て兄名義に移しました。

この手続きによって、私が父親の借金の請求を受けることはありませんね?

回答

遺産分割協議書により、被相続人の借金を一部の相続人が相続するという内容の協議が成立しても、借金の債権者にはそのことを主張できません。ご相談の事例で言えば、仮に、お兄さんが相続した借金を返済できなくなった場合は、あなたは法定相続分に応じた返済義務を負うことになります(東京高裁昭和37413日決定)。

したがって、このようなケースでは、あなたは遺産分割協議ではなく、相続放棄をするべきであったと考えます。このことは、専門家でもよく理解していない人が多いと思います。不動産の相続登記をするために、安易に遺産分割協議書を作成し、不動産などプラスの財産だけ一部の相続人に移転させ、負債(借金等)のことを全く意識していない事例が多く見られます。

なお、本件のようなケースでも、銀行関与の下、お兄さんとの間で相続した借金について免責的債務引受契約により、あなたについて免責の合意ができれば、銀行から請求を受けることはありません。しかし、あくまでも銀行の承諾等の関与が必要となりますので、このようなケースで相続財産を受けない相続人は、相続放棄による方法が賢明と言えます。


遺産分割協議後に相続放棄はできますか?

亡くなった父に借金があることを知らないで、兄との間で遺産分割協議をしました。内容は、唯一の財産である自宅を兄が相続するというもので、私が受け取る遺産はありません。しかし、その後、亡くなった父に借金があったことが判りました。相続放棄をすることは可能でしょうか?

遺産分割協議は、単純承認 (*1) とみなされ、相続放棄ができないのが原則です。しかし、ケースによっては、相続放棄が認められる場合もあります。裁判例では、多額の相続債務の存在を知らずに遺産分割をしたケースで、遺産分割協議を要素の錯誤により無効とし、法定単純承認の効果も生じないとみる余地があるとして、遺産分割協議の無効、すなわち、相続放棄の有効性を認めるものがあります(大阪高裁平成10年2月9日決定)。
ただし、最高裁判所の判断ではありませんので、全ての事例に適用されるというものではありません。

しかし、当事務所では、相続債務の存在を知らなかったケースで、遺産分割協議後、借金の存在を知った時から3か月以内に申立てをした相続放棄が認められた事例がありますので、同様のケースでお悩みの方はご相談ください。
茨城県または近県の方に限りますが、亡くなられた方が住んでいたところの管轄裁判所が遠方の場合は、ご依頼いただけます。

なお、財産の一部を処分したりした場合は、法定単純承認(民法921条)として相続放棄ができなくなりますので、ご注意ください。

 (*1) 単純承認:普通に相続をするということ

民法

(法定単純承認)

第921条  次に掲げる場合には、相続人は、単純承認をしたものとみなす。

一 相続人が相続財産の全部又は一部を処分したとき。ただし、保存行為及び第六百二条に定める期間を超えない賃貸をすることは、この限りでない。

二 相続人が第九百十五条第一項の期間内に限定承認又は相続の放棄をしなかったとき。

三 相続人が、限定承認又は相続の放棄をした後であっても、相続財産の全部若しくは一部を隠匿し、私にこれを消費し、又は悪意でこれを相続財産の目録中に記載しなかったとき。ただし、その相続人が相続の放棄をしたことによって相続人となった者が相続の承認をした後は、この限りでない。


未成年者の相続放棄

主人が借金だけを残して亡くなりました。相続人は、私と未成年の子2人です。子供たちは、相続放棄をすることができますか?

回答

未成年のお子さんの相続放棄は、お母さんが法定代理人として、ご自身の分と一緒に手続きをすることになります。

お子さんだけを相続放棄させる場合は、お子さんについて特別代理人を選任する必要がありますが、債務超過の場合にお子さんだけ相続放棄をすることはないでしょうから、お母さんがお子さん方の法定代理人として、お母さんの分と一緒に相続放棄の手続きをすることができます。

なお、配偶者である妻及び子が相続放棄をすると、ご主人に親がいれば親が相続人となり、その親が相続放棄をした場合または両親とも亡くなっている場合は、ご主人の兄弟姉妹が相続人となり、借金の請求がそちらに行くことになります。ご主人の親族と交流があるようでしたら、一言それらのことをお話しされて、相続放棄の申立てが必要になるかもしれないことを説明されたほうがいいかもしれません。当事務所では、親族への説明等サポートもしております。報酬はかかりません。

なお、第2順位以後(親や兄弟等)の相続人は、先順位の相続人の相続放棄が裁判所に受理された時から、3か月以内に相続放棄の申立てをすることになります。


相続放棄をした場合、生命保険は受け取れますか?

主人が、めぼしい財産もなく、借金だけを残して亡くなりました。しかし、主人は私を受取人とする生命保険に加入していました。相続放棄をした場合、生命保険は受け取れなくなってしまうのでしょうか。あるいは、受け取った保険金から、借金の返済をする必要があるのでしょうか?

回答

奥様を受取人とした死亡保険金は、奥様固有の財産として問題なく受け取ることができ、そこから借金の返済をする必要はありません。ただし、ご主人がご自身を受取人としていた場合は、相続放棄をすると保険金は受け取れなくなりますので、借金と保険金の金額により、相続放棄の可否を検討することになるでしょう。


相続放棄にかかる費用

相続放棄手続一式 

 相続放棄される方の人数

  報酬(税別)

 

1人

35,000円

2~3人目

25,000円(1人につき)

4人目~ 

20,000円(1人につき)

相続開始後3か月経過
(上申書⦅事情説明書⦆作成)

1人につき5,000円を加算

 

戸籍収集

1通につき1,000円
+実費(300円~750円程度)

 

・通信費として全部で5,000円(何人であっても5,000円です) かかります。

・その他、お一人につき1,410円の実費がかかります。

・上記報酬額は、最低額ではありません。完全定額制です。

(裁判所提出書類作成、裁判所への提出代行、裁判所からの照会の対応、受理証明書取得、債権者へ通知等、一切を含みます)

・相談料は無料です

 


相続放棄手続きの流れ(当事務所の場合)

ご相談(無料)
お見積り(無料 戸籍等の通数が不明のため概算となります)
契約
概算金のご入金
戸籍等収集 裁判所に書類を提出
照会書の送付(作成、助言)
受理証明書の交付(債権者がいる場合は通知)
終了、清算(預り金のご返金)